王様の耳はロバの耳。。。

誰にも言えないから。こっそり書く。

少し、はじめの頃を思い出してみた。

あたしたちが出会ったのは、仮想空間の中。アバターの二人は可愛い姿。

文字だけで、どのくらい話したのかな


今日も会えるかな?から始まって、明日も会える?てなって、何時から会える?てなって。。。


アバターだから、可愛いのよって。

そう何度も言ったのに。あなたは。


LINEを始めたら。

声が聞きたい!

顔が見たい!ばかりで。


朝のおはよう、から。

行ってきます。

お昼休憩のおしゃべり。

夕方の帰ります。ただいま。


おふろ入るね。

ご飯食べるね。

そして、寝るね、おやすみ。まで。


数限りなく、文字だったり、声だったり、笑顔だったりもしたね。


ただ、画面で見つめ合うのは、どうやっても、むりだったね。


遠くに住んでいても、まるで、一緒に暮らしているみたいだったよ。


でも、触れることもできない、匂いもない。

やはり現実感は希薄だったのかな。


とても楽しかった。幸せだった。


いつから、彼を疲れさせるようになったのか。


思い出せるかと思ったけども、わからないや。


この頃のあなたは。

なるほど、ひまわりの花言葉のようだったね。


そんなあなたを、好きになった。

まさか疲れさせてしまうなんてね。

あたしを見るのも嫌になるくらい疲れたならば。


どうぞ。ご自由に。としか、言えない


元の世界に、戻るだけ。


ただ、あなたのいた場所が。

ポッカリと空いて。

傷口となって。

痛いんだね。

こころって、うつろいやすいよね

少しずつ、心が離れている?

もしくは、ホントはもう、どうでもよくなってる?


電話が減り、LINEも減るとか。


わかってたけど。


俺は他の誰とも違う!ずっと好きでいられる!


なんの自信だったのかしら,


ただ、少しだけ、信じてしまったから

そんなこと、あるのかな?

あるといいなって、思っ

こんなにも寂しく思うよ。


こんなにも、好きになってから。


やっぱり.ダメだったねって、言うの?


人の心は、簡単に、変わってしまう。


あたしは知ってた。


知ってても。


変わらないなんてこと。


信じたかった。


せめて、もう少しの間。


どのくらい?どのくらい?


もう充分だよって。


ありがとうねって。


言わなきゃだね。

今日だけのこと。。。?

昨日の夜。

いつもいつも、色々言うけど、全部妄想だからね!


とか、あなたが言うから。


今日の昼。

最初と変わらずあたしの事すき?ってきいてみた。


ひまわりの花言葉だねw

と、あなたは言う。


そうなのかしら?

奥さんがいて、子どもが5人もいて。

いつも、忙しいひと。


ひまわりのように。いつも見つめてばかりなのは。あたしの方じゃないのかしら?


でも、そう思ってくれているのならばと、心はふわふわに、膨らんで。


なのに、夜には、わざとなのか、奥さんとしか、分かり合えないこととか、言い出して、あたしをネガテイブにしておいてからの、面倒くさくなった!と、電話を切る。


わざとか。なんかあるとき、電話切りたいときには、こうすることにしたのかな。


出会って、2年足らず。


もう。

ダメなのかもしれないね。


それもまた。受け入れるしかないか。


元々、別々の人生。


すこーし、交差しただけ。


胸は痛むけど。それは何のために?


痛いから、もうやめれば?なのか。


痛いから、彼にすがれば?なのか。


答えなんて。。。見つからない。